FC2ブログ

晴れのち曇りときどき雨

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし / 宇江佐真理

2007_08

宇江佐作品2冊目です
八丁堀同心の椙田家の主人の忠右衛門と、妻「ふで」、息子の正一郎
そして嫁に来ている「のぶ」
彼らの食べ物を一つのテーマに据えた短編連作人情物です
正一郎と「のぶ」の間はさめていて連作中に別居してしまうのですが
舅の忠右衛門やふでとの関係が本当の親子のようで離縁の踏ん切りがつきません
とにかく忠右衛門と「ふで」が人間臭ってええ味だしてるんですよねぇ
黄身返し卵、淡雪豆腐、水雑炊、心太、卵のふわふわ、ちょろぎ
これらは全て短編の題なのですが
いずれもしみじみおいしい物ばかり (^^)
そしてこのお料理や食材が椙田家族関係を少しずつ変えていくのです



スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。